2007年06月06日

猫クラミジア感染症

皆様の温かいコメント、涙を流しながら読みました。
ありがとうございます。
私は元気なのですが、まだ感情が不安定な所もあります。
ブルーアイさんと泣いたり、笑ったりしながらも少しずつ元気を
取り戻していければ良いと思っています。
いつまでも、泣いていたらリッチが心配して虹の橋に行けないと悪いですからね。

今まで、この記事を書こうと何度も思いました。
でも、いろんな人に迷惑が掛かることもありましたので
控えていたんですが・・。
少しでもこの病気を沢山の人に知って欲しいので
記事にさせていただきます。

猫風邪の代表的な物に挙げられるのが

1、猫ウィルス性気管支炎(ヘルペス)

2、猫カリシウィルス感染症

3、猫クラミジア感染症

症状は殆ど同じで クシャミ 鼻水 目やに(結膜炎) です。
だから、どの病気かの判断は難しいと思います。
獣医師も所見での判断は難しいと思います。

クラミジアに関してはこれに、口の中(歯茎)が赤いが加わります。

初期症状は、片方の目の腫れか、片方の鼻水から始まるので
本当に初期だと判断はしやすいと思います。

検査方法は血液検査では出ませんので
目やに、鼻水が出ている時、付いたまま病院に行き
鼻水、目やにを綿棒で採取し、検査機関に送ります。
1000円前後位で出来ると思います。

成猫にいたっては、鼻水目やにの症状が出ないため
目の中のまぶたの組織を採っての検査に成るそうです。
この検査をレノンに受けてもらうつもりです。

ヘルペス、カリシ、は身体の中から消える事はなく
一度掛かってしまえばキャリアになるそうですが
クラミジアに関してはまだ解明されてないのが現状だと思います。
猫の病気の本や、ネットを検索しても殆ど詳細は分からないです。

薬も色々ありますが、獣医師の判断で変わる事もありますので
何とも言えませんが、インターキャット 抗生剤 点眼薬 などの
治療がされると思います。

クラミジアは飛沫感染だそうで、鼻水 目やに クシャミから
他の猫に感染します。
人間にも結膜炎がうつった事例も報告されているそうです。

子猫の時に積極的な治療をして、鼻水や目やにが治まり
成猫になって抵抗力や体力があるときは症状はでません。
でも、ストレスや体力の低下
雌猫は出産などの身体の負荷がかかった時などに
発症したりするそうです。

酷くなると肺炎などを起こし、子猫の場合は死ぬこともあります。
ただの猫風邪ではなく、危険も伴う事を分かってください。

ラピスのクラミジアの治療で思ったのは
直りにくい事、しつこい事、ですね。
人間のウィルスもそうですが、抗生剤などを使うと耐性ウィルスが
出ますよね。同じ事が猫風邪の中にもあるのではないかと思います。

猫風邪のヘルペス カリシは3種の予防接種に入っています。
でも、インフルエンザに A B などの型があるように
猫風邪にも存在するそうなので、受けたからならないとは
言い切れないのかも知れません。

クラミジアは5種の予防接種に入っています。
猫の予防接種は11種まであるそうなので、獣医師と相談の上
受けるようにしてください。
ただし、クラミジアに関してはごく最近わかってきた事で
いままで、ヘルペス、カリシだったと思っていた中の何割かが
クラミジアだったかも知れないと言う話でした。
私の住む地域では地域猫のクラミジア事例は無いに等しく
どの位の発生があるか未知なところがあり
去年レノンの予防接種の際5種を打つつもりが、扱って居ないと言われ
4種の接種でした。
この時無理を言ってでも5種を打っておけば良かったと今更ながら
後悔しています。
私の行っている獣医師は取り寄せて打つ事も可能だと
今回のラピスの件で5種を導入する事も考えてくれているようです。

これから、この病気が解明され少しでもなくなることを祈って・・・。


今回書いた記事は私とブルーアイさんが経験し調べた事です。
ネットの検索で「猫クラミジア」と入れても
予防接種のことや、人間のクラミジアなどがヒットして
病気の事が詳しく書かれたページが殆どありません。
これからも、この病気の事を調べたりして行きたいと思います。
もし、この記事を読んで思い当たる節があるかたや
何か聞きたいことがある人は、私の分かる範囲でお答えします。
ですが、私は獣医師ではないし難しい所もあります。
アドバイスとして受け止めていただけると嬉しいです。



ランキングに参加している場合じゃないのですが・・・。
少しでもこの病気を知って欲しいし、同じ病気で苦しんでいる人に
少しでも助けになれれば良いと思いリンクを貼らせていただきます。

     
       にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ



ニックネーム ぐーたらママ at 14:12| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする