2007年06月14日

大きなことは言うつもりは無いけど、
ただ、これから動物を飼う人も、これから愛猫の死を迎える人も
このことだけは知って欲しい。
そして、心に留めておいて欲しい。

命には必ず終わりがある

小さな頃から動物を飼っていると、死は当たり前に存在してきた
そして、短い命を目の当たりにして
それが、どんなに小さな命でも大切なんだと学んだ。

人間の寿命は長い。全うすればの話だけど・・。
でも、動物の殆どは人間の寿命より短い。

病気と闘い、苦しみ、もがき、辛い思いもします。
見ている私達も辛いです
でも、その子は生きている
自分の意志で生きている
命の限り生きています

動物は最後の最後まで諦めません
諦めるのは人間です。
見ているのが辛いから、そこから逃げるために諦めます

病院で安楽死を進める医者も居るでしょう
でも、決してそれはしないでください。
心臓が動いていて、微かでも息をしているのなら
その子は生きている 頑張っているんです
その頑張りを見てあげてください。
辛くても、頑張っている姿から目を背けないで・・。
あなたの手で命を止める事は絶対にしないで・・。

物が言えない動物の病気の治療はあなた次第です
あなたがしたいと思えばそれが正しいと思います
何処までやれば良いのか答えは無いけど、
その子に生きる意志があるなら、それは間違いじゃない
生きる意志が無くなった時、それが死です。
どんなに小さな体でも、自分で決めるんですよ。

延命措置をしないとあなたが決めたなら、それも間違いじゃない
その子はきっと分かってくれます。
でも、安楽死はさせないで。
その命が消えるその時まで、見ていてあげて欲しい。

こうした方が良かったかと、悩むこともあるし
悔やむことも沢山あると思います。
悩んで、悔やんで、自己嫌悪に陥ることもあります。
でも、あなたがその子の為にした事に間違いなんて無い
苦しまない様に安楽死を選んだ方が良いのだろうかと思う人も居るかもしれない。
でも、それは人間のエゴです。
安楽死を選んだあなたは絶対苦しみます。
どんな決断でも悩むのだから、自分の手で命を奪ったことは
悔やんでも、悔やみきれないから・・。

最後の最後まで、見ることが飼い主の責任だと思う。
辛くても、その子の頑張りを見届けてあげてください。

突然の別れもあるかも知れない。
昨日まで、さっきまで元気だったのに「どうして?」
原因が分からずに何が悪かったのだろうと悩むこともあるでしょう

あなたが選んだことも、その子があなたを選んだことも
全て運命だと思う。巡り会うべくして巡り会い共に過ごしたこと
それにはきっと意味がある。

生まれてきた事 あなたのもとに来た事
辛いこと 楽しかったこと 沢山の思い出を残した事 
そして、大切な大切な宝物になったこと・・・。
出逢えたことはかけがえの無い宝物です。
忘れないで・・・。 

人間は悪いことをしたら地獄に落ちるというけど
動物は、あるがまま 生き あるがまま 死ぬ
天国の門をくぐることが約束されているのだから・・。

愛したものの死は悲しい
必ず来る別れだけど、受け入れるのは難しい。
でも、その時後悔しないように沢山愛してあげて欲しい。
幸せな時間を過ごした時がいつか、必ず良い思い出になるから・・。



目の前に居る子が、突然居なくなるなんて想像できないと思う
考えたくも無いと思います。
でも、その瞬間は必ずやって来る。
泣いてもいい。
悔やんでもいい。
でもそのことをあるがままに受け入れてあなたらしく
生きていってください。
笑顔で笑える日は必ず来ます。
その子はきっとあなたの笑顔を見たいはずだから・・・。


こんな話でビックリしたかな?
ごめんなさい。私が伝えたいことは
死と言うものは身近に存在していると言う事。
あなたが動物と一緒にいると避けては通れないことです。
いつか迎える死を受け入れるために、心に留めておいてください。

あなたの愛情はきっと伝わっているから・・・。


私の独り言です顔(イヒヒ)
    

     かわいいランキングに参加していますかわいい

         にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ


      ぴかぴか(新しい)ありがとうございますぴかぴか(新しい)         

ニックネーム ぐーたらママ at 14:30| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする