2006年09月04日

実家の猫2

ちびちゃん.jpg

「一日一猫絵」のハルアキラさんに描いてもらった絵です。

この子も実家で飼っていた猫で、名前は「ちびちゃん」男の子です。
甘えん坊の、人間大好き、抱っこ大好きな子でした。猫(笑)

「みいちゃん」が家に来て1年後位に我が家に来ました。
友達が川原でやせ細っていた「ちび」を保護して、私に託してくれました。
母に見せると嫌な顔をしたので、一時預かるとうそをついて家に入れました。顔(チラッ)
生後3〜4ヶ月位で、ガリガリで、耳が大きく、手足が大きくて
尻尾も長くて、かなり気味の悪い形相?でしたから・・。顔(イヒヒ)

声は捨て猫独特の、ダミ声でした。よほどがんばって泣いたのでしょう。猫(泣)
来た時からあまり嫌がることもなく、抱かれる人なつこい子でした。

しばらくは先住猫の「みいちゃん」と慣れさせるために、私の部屋に
いました。最初は「みいちゃん」がとても警戒して唸っていましたexclamation
でも、「みいちゃん」は生涯「ちびちゃん」に気を許すことはありませんでしたけどね・・。顔(笑)

大きな耳、大きな手足、長い尻尾から想像のとうりに大きな子になりました。
一番健康な時で、6キロはあったと思います。
レノンの様にデブ猫ではなくてexclamation
この子との出逢いが、デカ猫好きに繋がったのかも・・。猫(笑)

「ちび」は「みい」とは違い、健康ではなくて風邪や嘔吐などを
繰り返す子でした。病院も何度となく通いました。
前足の付け根に腫瘍もありました。
出た頃には10歳近いこともあり、手術はしませんでした。
また、ナイーブな子だったのでショック死の危険もありましたので・・。

何でも食べる子で、人間が食べるものなら喜んで貰ってました。
本当はいけないのでしょうが、かなり変な物まで食べてましたねexclamation
水も水道から直接飲んでましたし、お湯も大好きでした。

食欲旺盛のため、それにまつわる悪さも半端なくあり、鍋に入ったものも食べたくて、
重い鍋ごとひっくり換えしてしまうこともありました。
メロンが好きで、箱に入ったメロンを置いておいたら、箱をかじって
穴を開けて、食べちゃたこともありました。顔(汗)

そんな子ではありましたが、抱っこが大好きで、甘え上手な子でしたから、
最初は嫌がっていた母もメロメロでしたね顔(イヒヒ)
常に母の側から離れない子だったんです。

あまり健康ではなかったことから、「ちび」との別れは覚悟していたことでした。
でも「みい」が先に逝ってしまったことが母にも「ちび」
にも、とても大きなショックだったようです。

「みいちゃん」が亡くなりしばらくして、「ちび」が体調不良になり
病院に行くと、腎不全になっていると言う事でした・・。
もともと、低体温もありましたし、貧血気味の子でもありました。

点滴や注射、病院に行くとその度に弱り、3日後位にやっと回復してました。
徐々に食欲が落ち、見る見る痩せてきました。
ほとんど寝てばかりで、元気もなく死が近いことを予感しました。

3ヶ月位の闘病生活を送り、最後には、血の付いたヨダレをたらし
横になるのも辛いのか、座ったまま静かに呼吸をしていました。
必死に生きました・・。
凄く、がんばりました・・。

最後は父の腕の中で、壮絶な死を迎えました。
苦しんで、苦しんで、息絶えたようです・・。
今思えば、母の腕の中でなかったのは良かったかもしれません。
「ちび」のことを子供のように思っていた母なら、耐えられなかった
かも知れません・・。

最後まで母を思い、やさしい子だったのかもしれません。

本当にこの子からは、沢山の愛を貰い、喜びやいとしさも教えて貰いました。

「みいちゃん」と仲良く一緒に遊んでるかな?
虹の橋の向こうで、苦しみから解放されて、元気で走り回っているかな?

「ちびちゃん」あなたに会えてよかった・・。
ずっと、ずっと、大好きだよ・・。


ハルアキラさん素敵な絵をありがとうございました。

【猫の最新記事】
ニックネーム ぐーたらママ at 14:49| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちびちゃん、名前に反して大きなニャンコだったのですね。鍋ごとひっくり返してしまうなんて、すごい食欲!!
色んな病気を抱えて大変だったけど、頑張ったのですね。
今は虹の橋でみいちゃんとも、ようやく一緒に遊んでるかな??
猫の腎不全は多いですね。我が家のバブもそうですが、バブと一緒に遊んでた実家の猫チーちゃんも腎不全で逝きました。最後は目からも血を出して可哀想な最期でした。
虹の橋では一緒に遊んでるかもしれませんね。
Posted by barai at 2006年09月04日 18:54
ちびちゃん、はっちゃんより少し白が多い猫ちゃんですね☆可愛いです(^^)けど..ちびちゃんも病気で辛かったでしょうね(ToT)思わずウルウルときちゃいました..けどぐーたらママさん&両親に育ててもらったちびちゃんは幸せだったと思いますよ(^^)v今頃2ニャン一緒に遊んでると思います♪
Posted by ちび at 2006年09月04日 21:25
baraiさん
猫の病気で、一番多いそうですね。
そして、一番辛い病気でもあるようです。
看取る側もそして猫自身も辛い病気です。
だからこそ、精一杯愛情を注いであげたいですね。
Posted by ぐーたらママ at 2006年09月05日 13:04
ちびさん
私も、この記事を書いている途中に、色んな事を思い出し
思わず、号泣してしましました。
この2匹の死は、とても辛くて、レノンをギッと抱きしめて
「しあわせか?」と問いかけてしまいます。
レノンは迷惑そうですが・・。
Posted by ぐーたらママ at 2006年09月05日 13:12
ところでレノンちゃんの怪我はどうですか?少しはよくなったかな?
Posted by ちび at 2006年09月08日 11:21
ちびさん
う〜ん。あまり変化がありません。
良くも悪くもなっていないんです。
先生に様子を見て!と言われて、大きくなったり
他の所に出たりしないかとか?
もう少し経過を観察します。
Posted by ぐーたらママ at 2006年09月08日 13:43
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/443449

この記事へのトラックバック