2006年05月31日

下痢が続いたせいで?

6ヶ月も続いた下痢は、(ロイヤルカ○ン)で治まった。
たぶん小麦が使われていないことが良かったようだ。

でも、産まれて直ぐは母猫に舐めてもらい、家に着てからは、
私が洗ってあげていたので、お尻を舐めることを知らず、
オシッコをしても、濡れたままで歩き回り家中に臭い匂いを付けまくっていた。たらーっ(汗)
ウンチが、ぶら下がったままの時も良くあった。exclamation×2

今でも、お尻を舐めるのを忘れるようだふらふら
あまりに酷いので、パパに「尻の毛切ったら?」と言われた事がある
それはあんまりなので、やったことがないけど・・。
少し考えたことはあります。顔(汗)

今でも我が家の悩みの種である。たらーっ(汗)







ニックネーム ぐーたらママ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(2) | 出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

食物アレルギー?

IMG_0112.JPG                                                        下痢が止まらないのはなぜなのか?
固形を食べるとウンチが緩く、缶詰だと硬いことに気づき
前から、メールのやり取りをしていた、ノルウェージャンの
ブリーダーさんに相談した。

お腹の弱い子はよくいるということ、缶詰だけでも生きていけること
も教えてくれた、稀に固形の中に入っている成分にアレルギーを
起こす子がいて、レノンはそれかもしれないと言われた。

アレルギー専用のキャットフードも沢山あるので、合う物を捜してみたらと、アドバイスを受けて、ペットショプに足を運んだ。

何回か行き、あれやこれやと試してみました。
ショップの人も親切に、「これが駄目なら色んなのを捜してあげる」と言っていただき、とても嬉しかったです。

色んな人の親切の甲斐があり、無事にアレルギーを克服しました。
ニックネーム ぐーたらママ at 10:32| Comment(2) | TrackBack(1) | 出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

過酷な日々

キャリーの中でレノンはうずくまっていた。
母猫から離されて、とても不安だったのだろう。
しかし、その考えは間違っていたことに直ぐ気づいた。
下痢をしていたのだ!
引き取る際、お尻は確認したが汚れてはいなかった。
「やっぱり!」不安は確信に変わりました。
家に着き、落ち着いた頃トイレも教えた、でも出るのは、とても
緩いウンチ。レノンを抱えてお尻を洗った。
この、繰り返しが6ヶ月にも及んだ。
病院にも行った、療料食も食べた。下痢止めも飲んだ。しかし良くなる
気配は一向にない。
6か月の間に、回虫も出た。exclamation×2
それを直しても、収まることはなかった。
しかし、食欲と元気はあったのだ。
下痢の正体は他にあることに気づくまで長くかかってしまった。
ニックネーム ぐーたらママ at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

レノンとの出会い。

IMG_0103.JPG                      
色んな猫を見て、メインクーンを知り飼って見たくなった私は 
キャトショーに出かけた。そこでブリーダーさんに出会い、シルバー
の子が居るということで、写真を見せていただいた。
「かわいい!」一目惚れだったんです。黒ハート
それが、この子との出会いです。
それから向かい入れる準備をして、待ちに待った日が来ましたexclamation
キャッテリーに出向き直接受け取りました。小さなレノンは、軽く
儚く、とても愛しく感じました。

しかし、そのブリーダーさんのお宅はとても汚く、足を踏み入れるのも
嫌になるほどでした。親猫も蚤が飛び交い、ゲージはサビだらけ、
悪臭が鼻を突きました。正直、この子を引き取ることに抵抗を感じた。

でも、この子をこの環境から一刻も早く連れ出してあげたかった。
その日から、私とレノンの大変な日々が始まった。猫(泣)


ニックネーム ぐーたらママ at 11:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 出逢い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする